「ゲーム・アニメ」カテゴリーアーカイブ

ロードス島戦記 ディードリット・イン・ワンダーラビリンス クリア(ネタバレ)

ロードス島戦記 ディードリット・イン・ワンダーラビリンスクリアしました。クリア時間は8時間です。

PC Game Pass(3ヶ月100円)にてプレイしました。

システム

難易度低めのメトロイドヴァニアです。

ただ道中面倒くさい仕掛けが多くてイラッとしたり。歯車とかを弓で射る系のやつね。

ボスは攻略法さえ見つければそんなに苦労せず。てゆうか、ストーンバレット身につけて逃げ回ってるだけで倒せることに気づいて楽勝になったw さすがにラスボスには通用しなかったので、イフリート何度も召喚して倒した。

なんかセーブポイント近くにある吊るし肉を攻撃すると精霊のレベルが上がるw

マップ到達率98%なので何箇所か行けてない所があるけど、まあいいや。

ちなみにXboxの実績見るとクリア率は8.35%でした。まあまだゲーパスに来て1ヶ月経ってないしね。

ストーリー

主人公ディードリットが迷宮に迷い込んだお話。

実際は恋人パーンが亡くなり気落ちしたところを、強い精霊によって連れて行かれそうになっていた。迷宮でパーンに扮する精霊とずっと一緒にいようとしたけど、過去の仲間や敵たちによって目が覚め、精霊を倒して現実世界に戻ってきてメデタシメデタシ。

ロードス島戦記は読んだことあるけど、もう内容覚えてないな。ゲーム中に登場するキャラは思わせぶりなセリフ言って去ってくだけでイラッとしただけだしw

まとめ

気楽にプレイできました。

しかし、次にゲーパスでやるものが思いつかない。龍が如く0はラインナップから外れたし、ジェダイ:フォールン・オーダーはPrime Gamingで無料配布されたし。またドラクエ11sやろうかな…

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めてS クリア(ネタバレ)

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めてSクリアしました。クリア時間は79時間です。

Xbox Game Pass for PC改め、PC Game Pass(3ヶ月100円)にてプレイしました。

ひとまずの感想

オリジナルの11がPS4版で、それに追加要素加えた11sがSwitch版。そして他のプラットフォームの11sはSwitch版を移植したものなので、グラフィックが劣化したと話題になりました。俺は11sのみのプレイだから気にならなかったけどね。

ドラクエのナンバリングは1~6までしかプレイしてなかったので、システムだいぶ変わったなあという印象です。でもBGMは過去作のアレンジが多いし、台詞回しなんかも踏襲してるしで、やはりドラクエだと安心しました。

ストーリーはちょっと悲しい系のお話が多かったな。好きな人の死を知り泡となった人魚。ホムラの里で人食い火竜を倒したらその人が火竜となってしまい、匿っていた母親。無念から化けて出た勇者の実父など。

それにしても長かった… 1周クリアするのに約80時間かかるゲームは初めてです。ゲーパスの期限もあるので、1日2時間プレイを1ヶ月半、毎日ドラクエにどっぷりと浸かってました。

ちなみにXboxの実績見るとクリア率は19.5%でした。思ったよりみんなクリアしてるね。俺は「まだ終わらないのか…」とくじけそうになったけど(汗)

それでも投げずにクリアできたので面白かったということです。

システム

3Dで色んな世界に行けるの良いよね。カメラ移動やバトルなどの速度調整できるし、ダッシュあるしいつでも馬が呼べるし、ストレス無くプレイできました。

かなり初期にルーラ覚えてMP0で使えるので、キメラのつばさが無用の長物だったなw

鍛冶システム必要か? と思ったけど、上手に作れると嬉しいし、ストーリーに絡んでたりもするのでアリだね。まあ素材足りなくて作れないのも多かったけど。

やはり声があると違うね。イベントとかの雰囲気出るし、戦闘中も回復呪文かけたら「ありがとう!」と返してきたりのやり取りが嬉しいし。ただ逆に主人公が無口なのに違和感。もっとやる気出せよw

色んなモンスターに乗れるの楽しい。空飛んだり、壁を破壊したりで行ける所増えるし。

中盤まではサクサク進めたけど、終盤いきなりザコ敵強くなるし、裏ボスに勝てないしで数時間ほどレベル上げしてました。もう面倒だから全員自動で戦わせてたよ。メタルキング・強が全然出ないし、出ても逃げられたりでつらかった。しかし16万EXというヤケクソみたいな経験値は魅力でした。

クエスト大量にあるけど、さすがに全部やるのは無理そう。れんけい技で倒せとか面倒だし…

ヨッチ村だけ2Dでちょっと懐かしい感じ。ただ2Dだと移動でよく壁に引っかかるし、敵が頻繁に出すぎるのでつらい。冒険の書の世界はそのうちクリアしたい。

ストーリー:命の大樹まで

16年前、ユグノア王国に勇者誕生。しかし魔物の大群によって王国滅亡。逃がす途中で川に落ちてしまった勇者はテオに拾われ、イシの村で育てられる。

16年後の現在。エマと共に成人の儀式を済ませた後、勇者はテオの遺言に従いデルカダール王に謁見。しかし勇者は災いを呼ぶ悪魔の子だとして投獄されてしまう。牢の中で盗賊カミュと出会い、一緒に脱獄する。

勇者を匿っていた罪でイシの村は焼き払われてしまう。村人全員死亡?! と結構ショックでした。勇者は指名手配され、将軍グレイグから逃げながら旅をします。

ホムラの里にて双賢の姉妹ベロニカセーニャ合流。ベロニカは魔物に捕まり魔力を吸われるのに抵抗したせいで幼女化していた。貴重な合法ロリ枠で可愛いね。この双子の導きに従い命の大樹へ行くため、虹色の枝を探します。

サマディー王国でファーリス王子の影武者としてウマレースに出場した際、旅芸人シルビアと争う。まあ俺は負けちゃったけどねw その後、砂漠の殺し屋討伐などを通して、目的が同じということで同行することになる。

グロッタの町の仮面武闘会決勝で戦った相手が、勇者の実の祖父で元ユグノア国王ロウと、16年前勇者を逃がそうと頑張ったデルカダール王女マルティナでした。虹色の枝を奪われたりグレイグに襲撃されたりと一悶着あったけど合流。

仲間が揃い、各地でオーブを6個集め、いよいよ命の大樹へ。大樹の中心には勇者のつるぎが納められていた。それを手に取ろうとした瞬間、軍師ホメロスに襲撃されてしまう。遅れて現れたデルカダール王とグレイグ。

実はデルカダール王の意識は魔道士ウルノーガが乗っ取っていて、これまで色々画策していたとのこと。ホメロスはそれに従い、グレイグは騙されていた。

しかし大国を16年間も運営してきたとかウルノーガは有能だねえ。

勇者のつるぎを奪い、命の大樹の力を手に入れ、ウルノーガは魔王となりました。大樹崩壊により世界も崩壊、勇者たちは吹き飛ばされました。

ストーリー:世界異変後

魔王覚醒と世界崩壊に打ちひしがれたシルビアは、気落ちしつつもアリスと共に旅をする。そのうち人々を笑顔にするのが自分の使命だと思い出す。道中で助けた人達が仲間になり、世助けパレード結成! 各地をめぐります。

オネエキャラ苦手だけど、シルビアはカッコいいね。みんなオネエになって着いていくのもわかるわ。

マルティナはグロッタの町解放のために戦うも捕まりバニーガールに。カミュは牢から脱出するために、預言者の力を借り魔物の軍団を倒すも記憶喪失になる。

勇者は人魚の国、海底王国ムウレアに匿われていた。目覚めた後、魔物の襲撃により海底王国も滅亡してしまう。

勇者は最後の砦と呼ばれるようになったイシの村に行く。そこには亡くなったと思われていた村の住人たちがいた。実は処刑はやりすぎだと、グレイグによってこれまで牢に入れられていただけだったとのこと。良かった。

この最後の砦には正気を取り戻したデルカダール王やグレイグ達もいて、魔物に対抗していた。勇者も協力しデルカダール城を奪還。グレイグの謝罪を受け入れ旅に同行することになる。

仲間たちと合流していくけど、なかなかベロニカに会えないなと思っていたら、ベロニカは命の大樹崩壊の際に全員を逃すため力を使い果たし、そのまま亡くなっていた。

葬儀も行われ、その後生き返ることはありませんでした。悲しい…

ベロニカの持っていた天空のフルートを吹き、神の乗り物ケトスを呼ぶ。そして空にある神の民の里へ行き、先代勇者が自分たちで勇者のつるぎを鍛造したのだと知る。それに習い、新しい勇者のつるぎを作成。天空魔城へと向かいます。

天空魔城では魔軍司令となったホメロスと戦う。しかし魔軍司令っていうとダイの大冒険を思い出すねw

ホメロスを倒し、ラスボスである魔王ウルノーガも倒して世界は平和になりました。ウルノーガ思ったより弱かったな。なんかブサイクだったし。

ここまでで57時間かかりました。スタッフロールも流れたので一区切りです。

ストーリー:過ぎ去りし時を求めて

勇者たちはベロニカを生き返らせたい一心で時の神殿にたどり着き、過去をやり直そうとする。ただし過去に行けるのは勇者のみ。みんなに別れを告げ、1人過去に旅立ちます。

ようやくサブタイトルの「過ぎ去りし時を求めて」回収です。しかし過去改変するってことは、世界異変後にホムラの里の子供が活躍したことや、シルビアの世助けパレードなども無かったことになっちゃうんだよね… こういうの苦手。

命の大樹に着く少し前に戻ってきて、襲撃してきたホメロスを倒す。それを見たデルカダール王は勇者を城に迎え宴を開きます。しかしデルカダール王にはウルノーガがまだ乗り移っていて、勇者のつるぎを奪おうとします。それを黒い精霊が阻止し、勇者たちによってウルノーガは魔王になることなく倒されます。

今度こそ平和になったと思ったら、勇者の星が空から墜ちてきました。この勇者の星には邪神ニズゼルファの肉体が封印されていて、さっき勇者を助けた黒い精霊がその魂でした。

実は世界異変後の世界でも黒い精霊が勇者の星を墜とそうとしたけど、ウルノーガに阻止されてたんだよね。

黒い精霊はその記憶を持ったまま、勇者と同じくこの世界線にやってきていたのでした。今回は邪魔者のウルノーガもいないので邪神として完全復活! また勇者の旅が始まります。

しかし世界異変後の世界でやったことを、少し状況が変わったとはいえ、また同じことやるのたるいね…

かつて先代勇者ローシュはニズゼルファにトドメを刺す寸前で、ニズゼルファの魔力に魅せられた魔法使いウラノスに殺されていた。そしてウラノスはウルノーガになる。その際、彼の善の心が分かれて預言者となり、これまでカミュや勇者を助けていました。

ローシュのことが好きだった賢者セニカは、ローシュを死なせないため時の神殿に行くも、勇者じゃなかったので過去をやり直せず。その後は時の番人として過ごし、記憶を失っていく。

ニズゼルファを倒した勇者たちは、時の番人にセニカとしての記憶を思い出させ、勇者のチカラとつるぎを渡して、過去に送り出しました。また歴史が変わっちゃうなあ…

そういえば勇者たちユグノア王家はローシュの子孫だった気がするけど、ローシュは死ぬ前に子持ちだったの? だとするとセニカとの関係は…?

平和になった後、双賢の姉妹と共に勇者のつるぎを命の大樹に納めに行く。そこで命の大樹から聖竜が現れる。実は命の大樹はかつてニズゼルファに倒された聖竜で、その身体からこの世界ロトゼタシアが誕生したのだという。壮大だね。

勇者は聖竜からロトの称号を賜る。これでドラクエ1~3に連なる勇者ロトの祖先だということが確定しました。そしてドラクエ3の冒頭に繋がっていきます。

ストーリー:イシの村復興と結婚

過ぎ去りし時を求めて後の世界では、イシの村はデルカダール兵によって焼き払われた状態のままになってました。いや、兵士たち直せよ。

仕方ないので復興要員を集めることに。情報屋に商人、護衛、マスコットキャラ(?)を呼び寄せ復興完了! 元通りの村に戻りました。

そしてついに幼馴染のエマと結婚。

結婚式のシーンは無かったけど、翌日2人で神の岩に登り、そこで結婚式の時のことを語る。

エマは子供の時から勇者が好きで、成人の儀式で告白しようとしてたんだね。

時系列的にはニズゼルファ倒す前の話だけど、もうこれがエンディングでいいよって感じでした。

キャラクター

マルティナ
幼少時、ユグノア王国の滅亡に巻き込まれ、赤ん坊の勇者を助けようとするも追手により手を放してしまったことを後悔している。

そして父王が信用できずロウと共に原因究明の旅をしていた。王女なのに過酷な人生です。

でもその割においろけ攻撃が多いなーw

ホメロス
グレイグと共に幼少の頃からデルカダール王に仕えてきた。しかしグレイグばかり強く人気になっていくのに嫉妬し、その嫉妬心をウルノーガに利用された。

でも実はグレイグもホメロスのようになりたいと努力していたことを知る。世界異変後ではわかり合えなかったけど、過ぎ去りし時を求めて後に亡霊として現れた際にようやくわかり合えました。

この亡霊は世界異変後から来てるんだよね。他のキャラもそうだけど、前の世界線の記憶をおぼろげながら持ってるっぽい。それなら世界異変後の努力も無駄じゃなかったかな。

まとめ

面白かったけど長かった… さすがに2周目はやれないな。

いくつか見逃したイベントがあるので、その辺だけプレイしとこう。

New Super Lucky’s Taleクリア(ネタバレ)

New Super Lucky’s Taleクリアしました。クリア時間は6時間です。

Xbox Game Pass for PC(3ヶ月100円)にてプレイしました。ゲーパス利用するの初めてです。

システム

よくある3Dのゲームです。最初から2段ジャンプ出来るし、操作はシンプルで難易度も高くなくて良いです。ただ移動がちょっと遅いかな?

Newが付かない「Super Lucky’s Tale」というゲームとの違いは、ステージ数が少し増えて操作性が向上した感じ?

ワールドが多彩で楽しいです。通常の探索から、強制スクロールに各種ミニゲームまで色々あります。クリア条件もランプを6個つけろとか、スピーカーを6個破壊しろなど、色々あって飽きさせません。

石像を所定の位置に移動させるミニゲームは、結構悩むけどクリアできたら爽快です。まあ終盤あたりのステージは難しすぎて断念しちゃったけど。

1ステージ1時間くらいでテンポ良くプレイできました。

ちなみにXboxの実績見るとクリア率は6.52%でした。少ねえ。

ストーリー

「時代の本」のページが散らばったせいで、本に閉じ込められたのか移動できなくなったかしたので、クローバーの書かれたページを探すお話です。たぶん。

主人公ラッキーが楽しそうなので、プレイしてる自分も楽しいです。

各ワールドには困ったちゃん(ボス)がいて、ページを集めた後にそいつらを倒すとクリアです。太陽光で撮影したいからパラソル使えなくしてたり、強制的に踊らせる音楽を流すスピーカー設置してたりと、各ボス色々やってて面白いです。

あと倒したボスが後のステージにしれっと出てきて普通に会話してくるのにはちょっと驚いた。まあ困ったちゃんなだけで悪者ではないしね。

あちこちにいる多様な住人たちとの会話も温かみがあって良かったです。

ラスボスが狭い場所で、目からビームや爆発や雑魚キャラ召喚なんかやってきて、HP3しかないのに倒せるのか?! と思ったけど、3回くらいやったらクリアできたw 思ったより簡単だった。

まとめ

世界観がよく作り込まれていて良かったです。

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー クリア(ネタバレ)

シャドウ オブ ザ トゥームレイダークリアしました。クリア時間は16時間です。

Steamのセールにて82%offで購入したものです。まあその後PSプラスフリープレイに来たけどね…

新生トゥームレイダー3部作の完結編です。

システム

アクション楽しかったです。ジャンプして、木にロープ引っ掛けて飛んで、クライミングアックスで壁に引っ付き、さらに壁を蹴る二段ジャンプで高い所に登る。こういうアクション好き。

戦闘も体に泥を塗りたくって壁に隠れたり、草むらに身を潜めて近づいた敵を引き込み倒すステルスアクション良い。ただ敵がワラワラ出てくると近接攻撃ないんでちょっと厄介だった。

DLC猿神の咆哮で1つだけ押せない石碑があって困った。他に仕掛けがあると思ったら無いし、攻略動画見たら普通に押せてるし、セーブ・ロード・再起動してもダメだし。バグか。何度も押したり引いたりしてたら偶然押し切れたので良かったけど、無駄に30分くらい足止めくらったよ…

ストーリー

ララ・クラフトはペルーで「チャク・チェルの鍵」を見つける。これを持ち出したら世界滅亡しちゃうのに、うっかり持ち出してしまう。そのせいで洪水が発生し、近くの街が押し流されてしまう。その鍵も秘密結社トリニティのリーダー、ドミンゲスに奪われてしまう。

洪水被害の街で人命救助していたジョナに対し、ララが「早く鍵を取り返しに行かなきゃ!」とか言うので「救助のほうが大事だ!」とピシャリ。微妙に険悪になる。そりゃね。

チャク・チェルの鍵と対になる銀の箱。この2つが揃うと世界を改変できるという。揃わなくても世界滅亡。今作はこれを阻止する冒険です。

ジョナがバーの女性を気に入り「行きずりの美女とデートしたい」というので別行動にする。そしたらすっかり本気になったようで、その美女アヴィーと恋人になる。シリーズ全作登場でララの一番の理解者だったのに、ポッと出の女に盗られちゃったw

隠された都パイティティ。ここではククルカン教団(教祖ドミンゲス)と反乱軍(女王ウヌラトゥ)が争っていた。しかし半裸の原住民同士の争いって感情移入できないね。そこら中に死体が転がってるし、教団は見せしめに殺しまくってるし、気分悪い。

ララは反乱軍側に立って、秘境部族ヤークシルと戦いつつ銀の箱を探すも、箱はなんと400年前に盗まれていた。盗まれ隠された先はサンフアン教会。ここの地下でパズルを解くと入手出来るんだけど、大量の死体を観客として、さらにキリストの磔シーンも死体で作っていて気分悪い。死体で遊ぶな。

無事箱を手に入れるも、またトリニティに襲撃される。箱を預かっていたジョナはヘリコプターを奪おうとして失敗し、逆に箱を取られてしまう。何やってんの。

トリニティから鍵と箱を取り返すため、反乱軍と共に襲撃開始。ついでに以前敵対していたヤークシルも味方になり、全面対決します。地下遺跡の中、ヘリコプターが飛び回り、兵士たちが銃撃してくる中、ヤークシルが数で圧倒していく。ヘリコプターにヤークシルがたくさん飛びつき墜落させるのとか凄かったです。

この戦いでローク司令と、なぜか来ていた高等評議会の人達もやられて、遂にトリニティ滅亡。

それでも世界改変の儀式を進めるドミンゲス。ドミンゲスはパイティティの出身で、ララの父親がパイティティのことを世間に公表しようとしたので殺したのだと告白。世界改変もパイティティのためを思ってやろうとしていたことでした。とはいえ親の敵だし世界改変も望んでないので、ララはドミンゲスを殺害。ヤークシルの女王が箱を使い世界滅亡を防ぎます。

メデタシメデタシ。

一件落着したので、ジョナは早速アヴィーとデート。ララは発掘以外の人生を考えるためパイティティに残り、復興の手伝いをすることにしました。

まとめ

死体だらけでゲンナリしたけど、アクションゲームとしては良かったです。

やってないサブシナリオやらDLCやら色々あるけど、まあ気が向いたら。

悪魔城ドラキュラX血の輪廻クリア(ネタバレ)

悪魔城ドラキュラX血の輪廻クリアしました。クリア時間は4時間半です。

PSプラスフリープレイにて「悪魔城ドラキュラX・セレクション 月下の夜想曲 & 血の輪廻」として貰ったものです。

システム

昔のシンプルなシステムです。シンプルなだけに難しい。難易度選択くらい入れてくれてもいいのに。

STAGE2でマリアを救出したら即プレイヤーキャラをマリアに変更しました。リヒターより全然強いしね。

STAGE5の死神強すぎ。ランダムで現れる鎌避けきれないし、数回当たったらやられるしで苦戦しました。死神とだけで1時間くらい戦ってた。マリアの分身攻撃(裏技)を知らなければここでプレイ諦めてたよ。

ようやく死神倒したと思ったらSTAGE6ボスラッシュ。鬼か。疲れてしばらくプレイ中断したよ。まあ再開したら意外と数回でクリアできちゃったんだけどね。ここでもマリアの分身大活躍。

STAGE7の崩れる橋と後ろから押し寄せる巨大コウモリで理不尽に死にまくった。そこを超えても水のお化けみたいのとガイコツの組み合わせで死にまくるし、ボスのシャフトゴーストの倒し方理解するまで時間かかるしで、STAGE7も1時間くらいやってました。

対してラスボスのドラキュラは初見で撃破。弱すぎ。

ストーリー

ドラキュラがまた復活したので退治のためにリヒター・ベルモンドがやってきます。でもマリアを救出したらマリアと交代w 「マリア兵器だもん!」のセリフ通り快進撃していきます。

最後倒されたドラキュラが「我は欲深な人間たちによって蘇る」と深い話をしてたのに、マリアが「難しいこと言ってもわかんない」とぶった切ってて吹いたw

あとマリアはサブウェポンが動物だし、ステージクリアやゲームオーバーなんかがコミカルになってるのが面白い。凝ってるなあ。

まとめ

難しかった。まだ裏ステージとか救出してない娘とかいるけど、もういいや…

同梱の、名作と名高い月下の夜想曲もそのうちプレイしよう。

シャンティ 海賊の呪いクリア(ネタバレ)

シャンティ 海賊の呪いクリアしました。クリア時間は12時間です。

PlayStation Now(1ヶ月110円セール)にてプレイしたものです。

シャンティシリーズは2作目4作目→3作目(今作)と、変則的にプレイしてます。

PlayStation Now on PC

PCはダウンロードプレイに対応してないので、ストリーミングではじめました。しかしすぐに通信の品質が悪いと表示されて遅延するので、結局PS5でやり直しました。うちは常時400Mbpsくらい出るのに… Now昔と変わってないな。

あとPS5のダウンロードでプレイしたのをPCで続きやろうとしたら、セーブデータの持っていき方がわからない。ヘルプにはNow用の場所にセーブデータアップロードするよう書いてあるけど、Nowの項目表示されないし。ストリーミング同士じゃないと駄目なのか?

PC版は諦めた。

システム

決定ボタンが○だったり×だったりで混乱する。よく押し間違えました。

相変わらず難易度高い。その辺のザコ敵や障害物がかなり厄介でした。中ボス倒した後、船に戻る途中でやられてグッタリしたり。

ラストの宮殿のトゲだらけの場所とか頭おかしいんじゃないかってくらい難しかったです。150回以上やられた。もう二度とやりたくない…

操作性は2作目より良くなってたけどね。蔦とか掴まりやすかった。

ラスボス倒したら逃げられたのであれっと思ったけど、闇の魔法20個揃えてから倒さないとダメなのね。攻略サイト見つつ2時間かけて全部集めたよ。

ストーリー

前作ラストでリスキィ・ブーツに魔力を奪われ人間になったシャンティ。それでも街を守っていたけど、街はアモ・バロンに占拠されて要塞化。

そして過去にジーニー達によって封印されていたパイレーツマスターが復活しようとしていたため、リスキィと協力して倒すことにします。

しかし前作でリスキィがシャンティの魔力を奪ったのは、パイレーツマスターを再封印するためという事になっていて、ちょっと違和感w

パイレーツマスター復活のための闇の魔法は、実は奪われたシャンティの魔力だったのでせっせと集めます。

サリヴァ島の温泉は怪獣のヨダレだったり。どろ沼島の死後の世界っぽい所では、シャンティの父親らしき人や、生前のロッティらしき人に会ったり(どっちも記憶がないけど)。灼熱島では王女と間違われてシャンティとその仲間たちが軟禁されたり。楽しかったです。

中ボス倒すごとにリスキィの奪われた装備を回収できたけど、多段ジャンプやダッシュ攻撃など、どれも強力すぎる。リスキィこんなにバフ効果かかってたのかよ。まあ呪いの装備なんだけど。

復活したパイレーツマスターは元部下のリスキィを捕らえて宮殿を占拠。シャンティは闇の魔法と引き換えにリスキィを開放してもらいます。シャンティは闇の魔法を光の魔法に変化させて取り込み、ジーニーの力を取り戻す。リスキィは要塞化した街からの砲撃でパイレーツマスターにダメージを与える。という協力プレイでパイレーツマスターを倒しました。

その後シャンティはジーニーの力を使い街を元に戻し、平和が戻りました。メデタシメデタシ。

そういえばリスキィはシャンティの母親のこと知ってるみたいだったけど、シャンティも知らない母親を知ってるなんて、リスキィいったい何歳なんだw

まとめ

とにかく難しかったです。でもそのうち5作目もプレイしようかな。

Project LUXクリア(ネタバレ)

Project LUXクリアしました。クリア時間は1時間半です。

Steamのセールにて60%offで購入したものです。

システム

ルクスがずっと動きっぱなしで驚いた。購入前にPVとか見てたけど、こんなに自然に動き回るとは思ってなかった。素晴らしい。

Oculus Questだと入力が不便なやつです。まあゲーム内ほぼ視線だけで操作するから問題ないけど。

マルチエンディングと銘打ってるけど、最後の2択だけか。

ストーリー

エージェントが殺人の罪で裁判になり、その審理をするためエージェント自身の記憶を陪審員たちに追体験させるというお話です。

ルクスちゃん殺されちゃうのか…

エージェントは役人で、アーティストの少女ルクスに作品を依頼するお仕事です。

人類ほぼ全てが電脳化した世界で、人々は記憶や感情を共有化しすぎたために平坦な感じになっていました。そんな中、生身のルクスが作る作品が珍しいということで、喜怒哀楽をテーマに作品を作ってもらいます。

最初は勘違いとはいえ拳銃向けられるほど警戒されてたのに、どんどん仲良くなってくの良いよね。そのうち恋愛を知るためにと、エージェント(義体)と手をつないだり抱きついたりしてくるし可愛い。

たまたまエージェントの脳がハッキングされそうになって、それでルクスは電脳世界が戦争状態になっていることを知る。実はルクスの感情を揺さぶる作品は電脳世界で武器になっていた。

戦争に勝つため、ルクスを無理やり電脳化して一気に感情を広めれば勝てる! という状況になっていたことを知らされ、ルクスはもちろん電脳化を拒否、拳銃自殺を図ります。

END1 自殺を止める
ルクスはエージェントに迷惑がかからないよう、エージェントを撃って逃亡。まあ義体だから大丈夫だしね。その後、行方知れずに。

END2 自殺を止めない
電脳化で個性が消失するのも武器扱いされるのも嫌がるのはわかる、ということで止めない。

ルクスはエージェントを抱きしめた後、胸部を撃って自殺。その死体はエージェントが海に投げ捨てました。なんで死体を捨てたんだ、これじゃ武器として使えないじゃん、ってのが冒頭の殺人罪の本当の理由でした。

その後ルクスそっくりなキャラが電脳世界に現れ、なんのかんのあって戦争に勝ったので、エージェントは役所をクビになって義体から生身の体に戻されただけで済みました。

エージェントがルクスの家に行ってみると、そこには普通にルクスがいました。実は自殺したのはルクスが遠隔操作する義体で、海に捨てるよう指示したのもルクスでした。陪審員にバレないよう、最後抱きついた時に背中に文字を書いて指示してたとか。かしこいなあ。

陪審員(プレイヤー)視点を逆手に取ったトリック良いね。

それから生身の2人で暮らすことになるのかな? メデタシメデタシです。

まとめ

ややこしい話だったけど、ルクスがよく動く、可愛い、で満足でした。

狼と香辛料もそのうちやってみるか。

東方紅輝心クリア(ネタバレ)

東方紅輝心クリアしました。クリア時間は4時間半くらい。

PlayStation Now(1ヶ月110円セール)にてプレイしたものです。

PlayStation Now

PS Now契約するの4年ぶりです。当時は貧弱なネット環境だったので、頻繁に音飛びや映像乱れしてる状態でプレイしてました。

それでいて料金は現在の2倍以上である月額2500円だったんだよな。

しかし今はストリーミングだけでなく、ローカルにダウンロードしてプレイできるようになったため、快適にプレイできました。素晴らしい。

ちなみにPS Nowには東方系のゲームが幾つかあったけど、アクションやりたかったのでこれを選びました。

システム

ハーフトップビューのアクションRPGです。通常攻撃とジャンプ、あとスキルが選べるくらいの簡単操作なので、ストレスなくプレイできました。

グラフィック綺麗だね。この香霖堂とか雑多な感じが良い。

敵の攻撃が弾幕シューティングっぽくて良いね。斜め視点だとうまく避けられないけど…

最初、中ボスが物凄く強いなと思ったけど、スペルカード攻撃に気づいたら簡単に倒せるようになった。ちゃんと操作方法見ないとね。

ストーリー

レミリアお嬢様が暇つぶしに、新聞に載っていた謎の巨大怪物を探すお話です。探しているうちに紅魔館が巨大怪物によって破壊されてしまうし、犯人レミリアだと勘違いされるし散々だね。

巨大怪物の正体はにとりが作ったロボで、早苗の操作がヘタクソだったから世間を騒がしてしまったり、紅魔館を壊してしまったというオチでした。

ついでに早く巨大怪物事件を終わらせて夏祭りを再開してほしい萃香は、共犯ということでわざと倒されたりしました。なんかよくわからんけど。

真のエンディングと咲夜ルートは… 余力があればプレイします。

まとめ

難易度高くないし、まったりとプレイできました。

博麗の巫女と戦いたかったな…

ゼルダの伝説 夢をみる島クリア(ネタバレ)

ゼルダの伝説 夢をみる島クリアしました。クリア時間は16時間です。

ニンテンドーカタログチケットを使って購入したものです。

夢をみる島はこのリメイク版が初プレイです。

システム

グラフィックがミニチュアみたいで良いね。実際このグラフィック見て購入を決めたし。

古き良き見下ろし型アクション。これぞゼルダって感じ。まあゼルダ姫は登場しないけど。

しかし古いゲームとはいえ難しすぎる。まず敵の倒し方がわからない。攻撃手段がたくさんあるので、どの攻撃ならダメージ与えられるか色々試す必要がある。これはシリーズのどの作品でもある要素ではあるけど。

アクションがシビア。ダッシュジャンプとかよく失敗して落下してた。あと8番目のダンジョンの床を敷き詰めるやつ、全然うまく行かなくて何十回もやり直したよ。まあこれは俺の反射神経が悪いだけかもしれないけど(汗)

ダンジョンやわらしべ長者も詰まりまくり。ちゃんとヒントはあるんだけど、攻略サイト見なきゃ無理だってのも結構あった。当時の人はこれを攻略本なしでクリアしてたんだよなあ。

ヒミツの貝がらは半分も見つからなかったな。途中で近くにあると音が鳴るアイテム貰ったんで、頑張れば集められそうだけど。

敵にクリボーゲッソーカービィといった他作品のキャラがいてちょっと面白かった。

ストーリー

船旅の途中で難破したリンクは、コホリント島に流れ着きマリンに介抱されます。

島を脱出するため、フクロウの助言に従い8つのダンジョンを攻略して8つの楽器を集め、風のさかなを目覚めさせようとします。

途中で明らかになるけど、この島は風のさかなが見ている夢で、目覚めたら全て消えてしまう。マモノ達はそれを訴えてたけど、実際目覚めさせたら、日常生活を送っていた人々が一瞬で消えてしまい、ちょっと辛かった。

思い出だけは残るって言われてもね…

特にマリンは助けてもらったり、浜辺デートしたり、歌を聴かせてもらったりと仲良くしてたのに。

ところで画像のこれ、何がチャンスなんですかねえw

まとめ

懐かしい感じで良いんだけど、難しすぎる。

ゼルダの伝説シリーズは未プレイが他にもたくさんあるので、そのうちプレイしたいところ。

SUPERHOTクリア(ネタバレ)

SUPERHOTクリアしました。クリア時間は2時間くらい。

Epic Gamesストアにて無料でもらったものです。

内容

実はVR版を先にクリア済みだったので、システムはわかってました。しかし自分で物を掴めるVRと違い、マウスとキーボードでのプレイは不便だね。

VRと同じく、スローモーションの中でいかに銃弾を避けるか試行錯誤するのは楽しかったです。

終盤は大量の敵に囲まれることが多くて大変でした。ショットガン持ってる敵が複数いると、運頼みなプレイになったり。まあ上手い人は華麗に避けるんだろうけど。

ストーリーはよくわかってないけど、人づてにsuperhot.exeゲームを配り、ゲームにハマった人の精神をソフトウェア化、人から人に乗り移りながら戦わせ、最後はピラミッドに精神をアップロードして完成って感じ。うん、よくわからん。

1時間くらいで3D酔いになった。激しく視点移動するからね…

まとめ

このゲーム、やはりVRでやるのが良いね。