塊魂アンコール クリア(ネタバレ)

塊魂アンコールクリアしました。クリア時間は4時間です。思ったより短い。

Humble Bundleにて80%offで購入しました。しかしPS4/XboxOne版発売のタイミングでこの激安セールとかw

システム

初代PS2版のリマスターなので、やるのは15年ぶりって感じです。HDになったお陰で立て札の文字まで読める。

PCだけどゲームパッドでプレイしたので、昔のままの操作感でやれました。ただダッシュがうまく行かない。昔もこうだったかな?

体重計に乗ってる️女子学生が、背中に風船付けてて吹いたw あと雨雲巻き込んだら、雨が重力無視してあちこち飛んでて面白かった。他にも色々小ネタがあって良いね。

星座を作る時、できるだけ大きなもの1つだけ巻き込めっていうのがどれもうまく行かなかったので、そのうち再挑戦しよう。

ストーリー

王様が酔った勢いで星空を壊してしまったので、王子が命令されて代わりに星を作るというお話です。

しかし王様は王子へのプレゼント地球に落としたりするし、せっかく星作ったのに文句言うし、クズすぎ。

紙芝居で親子がロケット基地へ父親に会いに行くやつ、兄が話しかけても妹がガン無視するの、なんか見ててつらいw 月に巻き込まれた親子はそのまま月旅行してたけど、巻き込まれた人達って実際どうなったんだろ。

月を作ったらエンディングが流れたけど、その後に北極星作ったらまたエンディング流れた。なんで2回?

まとめ

軽快なBGMを聞きながらひたすら巻き込む。良いよね。

銀河で星々を巻き込むのは次回作だっけ? 続編もリマスターしてほしい。

サーバの初期設定する(CentOS8.2)

サーバ移転したのでまた書きました。自分用に。

さくらのVPSを使っているので、ところどころ www????.sakura.ne.jp として入力しています。

ユーザ作成

まずはrootのパスワードを変更します。

# passwd

作業用アカウントを作成します。

ユーザーhoge作成
# useradd hoge

hogeのパスワード設定
# passwd hoge

hogeをwheelグループに入れる
# usermod -G wheel hoge

作業用アカウント(wheelグループ)以外ではrootになれないように制限します。元から設定済みでしたが念のため。

# visudo

この行を有効化
%wheel ALL=(ALL) ALL

suできるユーザを指定。

# vi /etc/pam.d/su

この行を有効化
auth required pam_wheel.so use_uid

rootで直接ログインできないようにします。

# vi /etc/ssh/sshd_config

yesをnoに変更する
PermitRootLogin no

SSH再起動。

# systemctl restart sshd

CentOS8ではTCP wrapperが廃止されたので、SSHのアクセス制限はfirewalldでやる必要があります。未対応。

パッケージ管理

yumからdnfに変わりました。必要なリポジトリを追加します。

# dnf install epel-release
# dnf install https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-8.rpm

Remiを指定してインストールする場合には以下のように記述します。

# dnf --enablerepo=remi install (パッケージ名)

全部のアプリをアップデートする。

# dnf --enablerepo=remi update

ファイアウォール

起動
# systemctl enable firewalld
# systemctl start firewalld
設定追加
# firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent
# firewall-cmd --add-service=https --zone=public --permanent
# firewall-cmd --add-service=smtp --zone=public --permanent
# firewall-cmd --add-port=110/tcp --zone=public --permanent
# firewall-cmd --add-port=587/tcp --zone=public --permanent
# firewall-cmd --reload

現在の設定は以下で確認できます。

# firewall-cmd --list-all --zone=public

webサーバ

Apache 2.4をインストールします。

# dnf install httpd

起動
# systemctl enable httpd
# systemctl start httpd

ドメインごとに管理するユーザを分けます。普通にユーザを作成すると自分のホームディレクトリより上の階層に行けてしまうので、chrootを使って行けないようにします。

グループ作成。

# groupadd sftpgroup

グループに所属するユーザにchrootを適用します。

# vi /etc/ssh/sshd_config

サブシステム変更
#Subsystem sftp /usr/libexec/openssh/sftp-server
Subsystem sftp internal-sftp -u 0022

グループと行ける範囲を末尾に追加
Match group sftpgroup
ChrootDirectory ~
ForceCommand internal-sftp -u 0022

sshdを再起動します。設定間違うとサーバにアクセスできなくなるので、念の為ターミナルをもう1つ開いておいたり。

# systemctl restart sshd

あとはユーザを作成していけば /home/hoge/ がsshのルートディレクトリになります。

ユーザ作成
# useradd -g sftpgroup hoge
# passwd hoge

ホームディレクトリの所有者をrootにする
# chown root:root /home/hoge
# chmod 755 /home/hoge

ディレクトリ作成とパーミッション変更
# mkdir /home/hoge/public_html
# chmod 777 /home/hoge/public_html

バーチャルホスト

ドメインごとにconfファイルを作成します。以下はhoge.com用です。

# vi /etc/httpd/conf.d/hoge.conf

<VirtualHost *:80>
ServerAdmin webmaster@hoge.com
DocumentRoot /home/hoge/public_html
ServerName hoge.com
ServerAlias www.hoge.com
ErrorLog logs/hoge.com-error_log
CustomLog logs/hoge.com-access_log common
</VirtualHost>

公開前にサイトを確認できるようにします。ユーザー名がhogeの場合、こんなチルダ付のURLで見れるようになります。
http://www????.sakura.ne.jp/~hoge/

# vi /etc/httpd/conf.d/userdir.conf

コメントアウト
#UserDir disabled

有効化
UserDir public_html

Allにする
AllowOverride All

必要なものだけ
Options IncludesNoExec ExecCGI FollowSymLinks

SSL

OpenSSLは既に入っているので、mod_sslをインストールします。

# dnf --enablerepo=remi install mod_ssl

証明書は無料のLet’s Encryptを使います。

インストール
# dnf install certbot

ドメイン追加
# certbot certonly --webroot -w /home/hoge/public_html -d hoge.com

バッチで証明書を自動更新します。

# crontab -e

00 04 01,15 * * certbot renew --post-hook "systemctl restart httpd"

SSLサーバの設定はドメインの設定ファイルに追加します。

vi /etc/httpd/conf.d/hoge.conf

<virtualHost *:443>
SSLEngine on
SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/live/hoge.com/cert.pem
SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/hoge.com/privkey.pem
SSLCACertificateFile /etc/letsencrypt/live/hoge.com/chain.pem
ServerAdmin webmaster@hoge.com
DocumentRoot /home/hoge/public_html
ServerName hoge.com
ErrorLog logs/hoge.com-error_log
CustomLog logs/hoge.com-access_log common
</VirtualHost>

設定できたら再起動。

# systemctl restart httpd

MySQL

以前はMariaDBを使ってたけど、色々あってMySQLに戻ってきました。

# dnf install mysql mysql-server

起動

# systemctl enable mariadb
# systemctl start mysql

初期設定

# mysql_secure_installation
出てくる質問は以下の通り(英語)。
・パスワード検証ポリシー:0
・rootのパスワード:
・rootのパスワード確認用:
・いいですか?:y
・匿名ユーザの削除:y
・リモートからrootユーザ接続禁止:y
・テスト用データベースの削除:y
・変更を有効にする:y

デフォルト文字コードはutf8mb4だったので、そのままにしておきます。

終わったら再起動。

# systemctl restart mysql

PHP

PHP7.4とそれに関係するものをインストール。

# dnf module install php:remi-7.4
# dnf install --enablerepo=remi php-devel php-mysqlnd php-pear php-mbstring php-pdo php-gd

各種設定。

# vi /etc/php.ini

post_max_size = 128M
upload_max_filesize = 128M
date.timezone = "Asia/Tokyo"
display_errors = On

変更を反映。
# systemctl restart php-fpm

phpMyAdmin

せっかくなのでMySQLの管理ページを入れる。

# dnf install --enablerepo=remi phpmyadmin

ここにもアクセス制限。

vi /etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf

<Directory /usr/share/phpMyAdmin/>
の中の
Require local

Require host .jp
などに変更

メールサーバ

Postfix(送信)の設定。

# dnf install postfix cyrus-sasl cyrus-sasl-md5 cyrus-sasl-plain

# vi /etc/postfix/main.cf
以下のように修正
myhostname = www????.sakura.ne.jp
mydomain = www????.sakura.ne.jp
myorigin = $mydomain
inet_interfaces = all
#inet_interfaces = localhost
inet_protocols = ipv4
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain
home_mailbox = Maildir/
smtpd_banner = $myhostname ESMTP unknown

以下を追加(スパム対策)
disable_vrfy_command = yes
smtpd_helo_required = yes

以下を追加(バーチャルドメイン用)
virtual_alias_maps = hash:/etc/postfix/virtual

以下を追加(SMTP-Auth用)
smtpd_sasl_auth_enable = yes
smtpd_sasl_type = cyrus
smtpd_sasl_path = smtpd
smtpd_sasl_local_domain = $myhostname
smtpd_recipient_restrictions = smtpd_relay_restrictions = permit_mynetworks,permit_sasl_authenticated,reject_unauth_destination

以下を追加(メールへの添付可能サイズを無制限にする)
message_size_limit = 0
mailbox_size_limit = 0

メール送信時にサブミッションポート(587)を使用します。

# vi /etc/postfix/master.cf

以下の行のコメントアウトを外す
submission inet n - n - - smtpd
-o smtpd_sasl_auth_enable=yes
-o smtpd_relay_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject
-o milter_macro_daemon_name=ORIGINATING

再起動。

# systemctl restart postfix

SMTP認証のためにSaslauthdを使用します。アプリと認証処理を分離してくれるものらしい。

# vi /etc/sysconfig/saslauthd

Linuxユーザのパスワード(/etc/shadow)を使う
MECH=shadow

起動します。

# systemctl enable saslauthd
# systemctl start saslauthd

Dovecot(受信)の設定。

dnf install dovecot

# vi /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf
以下の行のコメントアウトを外す
mail_location = maildir:~/Maildir
# vi /etc/dovecot/dovecot.conf
protocols = imap pop3 lmtp
listen = *
# vi /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf
パスワードを平文にする
disable_plaintext_auth = no
# vi /etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf
SSL接続しない
ssl = no

Dovecotを起動します。

# systemctl enable dovecot
# systemctl start dovecot

useradd時にメールボックス用のディレクトリを自動で作成されるようにします。

# mkdir -p /etc/skel/Maildir/{new,cur,tmp}
# chmod -R 700 /etc/skel/Maildir/

/home/hoge-info/Maildir/new/
/home/hoge-info/Maildir/cur/
/home/hoge-info/Maildir/tmp/

メールアドレス作成

メールアカウント用のユーザをシェルログイン不可で作成します。

# useradd -s /sbin/nologin hoge-info
# passwd hoge-info

メールアドレスとその振り分け処理を作成します。ドメインごとにanythingの行を入れないとメールが使用できません。

# vi /etc/postfix/virtual

hoge.com         anything
info@hoge.com hoge-info
web@hoge.com hoge-web

振り分けを反映させます。

# postmap /etc/postfix/virtual

まとめ

CentOS7からちょこちょこ変更が入ってるね。

PS4ワンダと巨像クリア(ネタバレ)

ワンダと巨像クリアしました。クリア時間は8時間くらいです。

PSプラスフリープレイでもらったものです。

PS2、PS3でクリア済みなんだけど、PS4でもやってみました。

システム

グラフィック綺麗すぎる! こんなにクオリティ上がるんだな。馬で走ってるだけでも楽しかった当時を思い出しました。巨像もふさふさ。

PS3版やったのが8年以上前なので、巨像の倒し方少し忘れてて悩んだり、操作感覚が思い出せずうまく操作できなかったり。昔は手足のように操作できて、サクッと倒せたのになあ。

操作性やカメラワークが悪いのも昔のままだったのは、仕方ないとしてもちょっと残念。

第三の巨像(湖上の騎士)やっぱりカッコいいな。
第十の巨像(地下で地中を高速移動するやつ)目が怖いし真っ暗すぎて苦労した。
第十三の巨像(空飛ぶ蛇)やはり良い。うまく操作できなくて大変だったけど。
第十四の巨像(イノシシ)柱をどんどん倒させながら進むのが楽しかった。
第十六の巨像(最後のやつ)攻略法がシビアで何度もやり直すハメに。

追加要素のコイン、後で知ったので1枚も取ってませんでした。たまになんか音が鳴るなあとは思ってたんだけどね。

ストーリー

さすがにストーリーはだいたい覚えてました。って言っても、主人公ワンダモノを生き返らせるために巨像たちを倒す、ってだけなんだけどね。

ドルミンの声に従い全ての巨像を倒したけど、復活したドルミンはエモンによって再封印されてしまう。そしてワンダは死に、生き返ったモノが空中庭園で赤ん坊と暮らすという結末。まあグッドエンドとは言えないね。

まとめ

景色が綺麗。これだけで満足です。

あと内容忘れてたおかげで、新鮮な気持ちでプレイできましたw

イース セルセタの樹海クリア(ネタバレ)

イース セルセタの樹海クリアしました。クリア時間は19時間です。

Steamのセールにて25%offで購入しました。Steamでは今年の2月にようやく日本語化したんだよね。

元になったイースIVはPCエンジン版を25年くらい前にクリアしてるけど、内容全く覚えてないので、まっさらな状態でプレイできましたw

システム

先にイースVIIIをクリアしているので、やはりシステム似てるなあと思いました。
発売順がVII → セルセタ → VIIIだしね。

VIIIでもそうだったけど探索が楽しいです。マップの隅々まで行きたくなるね。ただ当然ながらマップや操作性はVIIIの方が良かったな。

攻撃ボタン連打、たまに回避ボタンって感じで結構ゴリ押しで進めました。特にラスボス辺りは回復アイテムたくさん抱えて力技で倒してた。

探索率99%で止まったんだけど、どこに行けば良かったのか。魔法具も1個手に入らなかったし。

特殊アクションがYボタンなんだけど、必殺技もYボタンのため、たまに間違って必殺技を発動してしまい、せっかく貯めた必殺技ゲージを失ったり(涙)

ストーリー

記憶喪失のアドル。お約束だねw 記憶を取り戻すため、そしてロムン帝国からの依頼のため、情報屋デュレンと共にセルセタの樹海を探索していきます。

水上集落セルレイで川に入れられた毒事件を解決し、樹上集落コモドでは仮面に操られた人達を助ける。

叡智の街ハイランドにいる神、有翼人エルディール。彼は必要な人に必要な知識を授けることで世界の歩みを管理していた。そしてその知識が世界に与える影響を、チマチマ修正していた。マメな神様だね。

でもエルディールに悪の心が現れ、世界を滅ぼそうとする。実はエルディールの人類に試練を与える心が強くなりすぎただけなんだけど、それでも過去にセルセタ王国滅ぼしてるしヤバい。

太陽の仮面と生命の書が合わさると世界を改変することができてしまうので、アドルは本編開始前に悪のエルディールから太陽の仮面を奪っていた。しかし逃げる途中で滝に落ちて記憶を失ってしまう。それを助けたデュレンはアドル監視のため同行していたという。まあ監視というよりおせっかいだけどw

歴史を識る者の里ダナンに封印していた太陽の仮面は、うっかり騙された使徒リーザによって封印解除され、総督補佐グルーダ経由でエルディールの手に渡ってしまう。しかしリーザのご先祖様レファンス王の導きで月の仮面を手に入れエルディールを正気に戻す。

実はダナン出身で黒幕だったグルーダは、生命の書を取り込みラスボス化するも、アドルたちによって倒される。

しかし生命の書の暴走で大陸全体が滅びそうになったので、その鍵である太陽の仮面を火山に投げ込み破壊することに。ロード・オブ・ザ・リングだこれw 破壊後、噴火した火山からリーザに助けてもらったところで終了。

その後仲間たちがどうなったかは、冒険日誌に書かれてないから不明と作中で言われてしまう。投げやりだなあ。せめて直後の再会シーンくらい書いてくれてもいいだろうに…

グリゼルダ総督だけはVIIIにも登場してるから足取りわかるね。3年後アドルと一緒に船で難破したw

そういえばOP見てヒロインだと思ってたリーザは、普通にサブキャラで終わったね。てゆうかOPで墓参りしてたけど、あれアドルの墓だったのかよw

カンリリカ可愛かったけどヒロインではないし、今作ヒロイン不在だ。

まとめ

プレイ時間短かったし、なんかあっさり終わった感じです。そういえば有翼人絡みでI・IIとの繋がりがあった気がしたけど無かったね。

次はIXだな。他のシリーズもリメイクしないかな。

シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー クリア(ネタバレ)

シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロークリアしました。クリア時間は8時間くらい。

Steamのセールにて50%offで購入しました。

前回やったのが2作目でこれが4作目です。飛び飛びだね。

システム

うちの液晶ディスプレイはリフレッシュレートが165Hz出るんだけど、このゲームは60Hz固定を想定しているようで、起動するとめっちゃ早送りになるw なので毎回起動前に60Hzに変更してました。

ドット絵からイラスト調にグラフィックが変わったのでキャラが綺麗で可愛いです。そして背景は3Dのようで、奥行きが感じられて良いね。

ただ難易度は高いです。アクションがシビアでちょっとの事でやられるし、やられたら前の方に戻されてしまうので結構厳しい。ラスボス前の空飛んで行く所とか何度やられたことか…

変身魔法で色んな動物に変身出来て、その度に行ける場所が増えるのが楽しかったです。まあ何度も同じステージやり直すのは大変でもあったけどね。

ストーリー

ミミックおじさんがダイナモという電力供給装置を作ろうとしているので、シャンティはその材料集めを手伝います。しかしリスキィ・ブーツが設計図を書き換えたせいで、ジーニーの善悪を反転させる装置になってしまい、起動したらシャンティが悪に染まってしまう。

友人たちの助けでシャンティは元に戻り、奪われたダイナモを取り戻しにリスキィの隠れ家へ。リスキィが悪に染まったジーニーの力を手に入れようとするも、シャンティがジーニー達を倒し装置を壊すことで防ぐことが出来ました。

元は善だったジーニー達みんな倒しちゃったし、ちょっと後味悪い終わりだね。

テクノ・バロンがマーメイド密売してたけど、マーメイドが足りなくなったから普通の女の子をさらって魚を下半身に噛みつかせ、マーメイドとして売るという発想、天才かw しかも工場で流れ作業的にマーメイド作ってるし。

ギガマーメイドが巨女可愛い。そもそもシャンティシリーズをプレイしようと思ったのは、この子の画像がきっかけなんだよね。

ここって捕まってるのを救助するシーンだったんだ。暴れられて大変だったけど。出番これっきりでちょっと残念。

まとめ

可愛い横スクロールアクションゲーム堪能しました。

リスキィや仲間たちの冒険など追加コンテンツがあるので、まだまだ楽しめそうです。

液晶ディスプレイDELL S2721DGF購入!

DELLの液晶ディスプレイS2721DGFを買いました。

これまで使っていたのはU2412Mという7年前に買った24インチです。特に性能に問題はなかったんですが、大きめのディスプレイが欲しくなったので。

いわゆるゲーミングモニターですが、IPSなので普段使いもできます。

4Kと迷ったけど、27インチ4Kでは拡大しないと小さすぎるだろうと思い、QHDにしました。

スペック

サイズ:27インチ
パネルタイプ:Fast IPS
解像度:QHD(2560×1440)
リフレッシュレート:165Hz
応答時間:1ms
その他:DisplayHDR 400

感想

液晶綺麗だね。画面が鮮やかになった気がする。そのうちHDR対応したものも見てみよう。

ピクセル数比較で画面が1.6倍広くなりました。そんなに変わらないかなと思ったけど、実際に見ると結構広くて驚く。

24インチから27インチに変わったけど、サイズ的には横幅が5cm広がったくらいかな。まあ3インチだし、ベゼルも細くなったしね。文字サイズはそのままで問題なかった。

リフレッシュレートは驚異の165Hz! なんだけど、あんまり変わった気がしない。ちゃんと設定変更してるんだけどな。後でゲーム試してみよう。

まとめ

最近、画面が狭く感じていたので、このディスプレイを使えば捗りそうです。

Pistol WhipのHard全曲クリア(ネタバレ)

Pistol Whipクリアしました。クリア時間は4~5時間くらい。

Oculusストアにて、SUPERHOT VRを持っていたら36%offでした。

内容

自動で前に進みながら、出てくる敵をひたすら銃で撃ったり殴りつけたりするゲームです。

FPSなどと違いテキトーに撃っても当たるので、大量の敵をバンバン倒せて気分爽快です。

難易度NORMALまでは片手拳銃で進めていて、次元大介の気分でした。HARDでは手が足りず、二丁拳銃にしました。なるほど、これは確かにキアヌ・リーブスだw

いちおう音ゲーなので、音楽に合わせて倒すと良いらしいけど、よくわからない。難易度上がると敵が多すぎてそんなこと言ってる場合じゃないしね。

このゲーム、ストーリーあるのかな? そこら中の壁から顔が生えてる冒涜的なステージや、飛行船での戦い、未来的なステージと、色々あるけど。

AKUMAというサイバーパンクな日本ステージ良いよね。「今日も貴重な時間を…」

まとめ

映画の世界に入った気分で楽しいです。今のところDLCは無いみたいだけど、新曲来ないかな。

今年クリアしたVRゲームはこれで10本目です。今年が俺のVR元年だ!w

地球防衛軍4.1クリア(ネタバレ)

地球防衛軍4.1 THE SHADOW OF NEW DESPAIRクリアしました。クリア時間は18時間です。全89ステージ。

PSプラスフリープレイでもらったものです。1年半かけてちまちまやってました。

内容

PS3版の4をクリア済みですが、まあ内容は同じですね。今回もウイングダイバーでプレイです。中盤あたりからしんどくなってきたので、難易度EASYにしました。サクサク進むw

レタリウス(蜘蛛)やドラゴンは今回も酷い。レタリウスの糸に捕まったらほとんど助からないし、ドラゴンの噛みつきはなかなか外せずダメージ食らう。

新キャラ怪生物エルギヌスが強い。そして巨大ロボ・歩行要塞バラムに乗って戦うのが熱い。まあバラムは移動遅くて攻撃もパンチしかないから、結構大変だけど。あと大量のエルギヌス対バラムの戦いを歩兵として援護するステージも楽しかった。

今作はエアレイダーではないのに、勝手に爆撃してくれて助かった。前作は「救援に来ました!」と言いつつ何もしなくてイラッとしたし。

神竜が現れた時、味方が「魔法使いを呼んで来い!」とか言ってて吹いたw

開始直後にMONSTERで遠方のロボや輸送艦を破壊するプレイスタイルでやってましたが、爽快感あって良かったです。

EASYにしたお陰か最後まで残っているNPCが多く、結構敵も倒してくれるため、一緒に戦ってる感じがして良かったです。

最終ステージでは絶望的な戦いをしていても、音信不通の本部がサテライトキャノン撃ってくれたり、次々と味方が駆けつけてくれたりと、実に熱い戦いでした。

まとめ

前作の不満点をある程度解消してて楽しめました。次回作もそのうちやろう。

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 2 キャンペーン リマスタード クリア(ネタバレ)

コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア 2 キャンペーン リマスタード(タイトル長い)をクリアしました。クリア時間は6時間です。

PSプラスフリープレイでもらったものです。しかし発売からたった3ヶ月でフリプ化とか早すぎだね。

システム

操作性はいつも通りです。あとグラフィックや挙動に違和感なかったので、リマスターされてるんだなあという感じ。

PS3版やったのが10年くらい前なんだけど、意外とマップとか覚えてるね。リオデジャネイロ、飛行機墓場、ラスト手前の洞窟あたりは今回もやられまくった。ウィスキーホテル、雪国、地下牢あたりは前回苦労したのに今回はスムーズに進めたり。

「殺せ、ロシア人だ」のセリフが「いいか…ロシア語は使うな」になってるのを確認w ちなみに試しに一般人撃ったら普通にゲームオーバーになった。

ストーリー

改めて見ると、主人公ローチシェパード中将に見いだされて作戦に編入したんだね。まあローチは最後シェパードに殺されちゃうけど。

シェパードは前作の核爆発で部下3万人を失う。だからラスボス化して私兵を雇いタスクフォース141の面子を全滅させるよ、って考えがよくわからなかったな。

そのシェパードは前作主人公コンビのソーププライス大尉によって倒される。しかしソープ、前作では新人だったのに、今作では隊長とはいえ、なんかイキってたな。モヒカンだし。

あとプライス大尉が原子力潜水艦から核ミサイルを撃ったのは、EMPとして使うためわざとだったと今さら知った。確かにロシア人排除出来たけど、アメリカ本土目茶苦茶になっちゃったし。既に目茶苦茶だったからいいのか。

前作にもあったけど、クリア後の戦争博物館いいよね。何度かチャイム鳴らして戦ったけど全然勝てなかったw

まとめ

マップは懐かしく、ストーリーは色々発見があって楽しかったです。

MW3もリマスターされるかな?

フィリスのアトリエ クリア(ネタバレ)

フィリスのアトリエクリアしました。クリア時間は43時間です。

Steamのセールにて40%offで購入しました。

システム

3Dモデル作ってる会社が変わったので、今作はグラフィックに違和感ありました。ずっとプレイしてたら多少慣れたけど。

前作まではフィールドが狭かったけど、今作はオープンワールド風になり一気に広がりました。ただ移動しづらいシステムなので、結構たるかった。空飛ぶほうきや飛行船があれば楽になるけど、入手するのはかなり後だしね。

その辺にボスクラスの敵がうろついてて怖い。マップ埋めるために隅々まで歩こうとしたら、うっかり捕まって死んだw

そういえばダンジョンたくさんあったけど、マップ表示されないし、ほとんど入らなかったな。

キャラが全然強くならないし、お金も全然貯まらないので、結構苦労しました。こっちは50程度しかダメージ与えられないのに、相手はHP5000とかあって、どうすんだこれって感じ。頑張ってレベル上げしたよ。

ストーリー

鉱石採取の地下都市エルトナで、ずっと外に出してもらえなかったフィリス。たまたまやってきたソフィーに錬金術を教えてもらい、1年以内に公認錬金術師になれば自由に外出しても良いと両親に言われ、姉リアーネと共に旅に出ます。

公認試験を受けるためには3人の公認錬金術師から紹介状を貰う必要があるけど、5人から貰っておいたよ。貰わなかった場合、その後の人間関係に影響ありそうだけど、どうなんだろ。

フルスハイムでの嵐を越えるための船造りは、色んな人たちと協力して作れて楽しかったです。

公認試験まで1年しか無いので急いでライゼンベルグまで行ったら、逆に早く着きすぎたので、戻ってあちこち回り直したり。試験は一発合格したけど、あんまりレベル上げしてなかったので、ビリの3位でした。

フルスハイム出港までが中盤(ここまで15時間)で、公認試験合格がクリア(ここまで25時間)だと思ってました。まさか合格までが中盤で、そこから行ける場所が増えたり、新規イベントが発生するようになるとは。敵は強いし、個別エンド全然見れてないし、かなりボリュームありそうです。

メクレット&アトミナの話から空渡りの岩舟に行くための飛行船を作ることに。

しかし空に浮く島に飛行船作って行くとか、まんまエスカ&ロジーのアトリエだね。てゆうか飛行船建造にロジーが関わっていて、エスカも遊びに来てるし、やりすぎでしょw

個別エンド

ひとまずクリアしたのは2人だけです。

リアーネ
ソフィーとは実の姉妹ではなく、ずっと自分の故郷を見てみたいと考えていたリアーネ。どうりで似てないと思ったよw 何とか故郷を見つけたけど、そこは廃墟となっていました。おちゃらけ錬金術師のノルベルトいわく、ドラゴンによって滅ぼされたとのこと。ノルベルトが施していた封印を解き、遂に仇のドラゴンを倒しました。

ノルベルトがリアーネの実父だったことを匂わせていたけど、成長した娘が故郷の仇討ちしてくれたとかちょっと泣けるね。親子なので、リアーネにも錬金術の才能あるのではと思ったり。

イルメリア
自称天才錬金術師だけど、親からは未熟者扱いされてる子。フィリスと競い合い一緒に公認試験に合格したけど、それでも親に認めてもらえず落胆。しかし人のために錬金術を使う喜びを知り、自分のアトリエを開くことに。力を誇示するためではなく、人のために使う錬金術。それに気づくことで親からも認められました。

親友フィリスと立ち上げた2人のアトリエ。繁盛してるみたいですね。

まとめ

前作は次々にイベントが発生して楽しかったけど、今作はあんまりイベント発生しないし、移動もたるいし、戦闘も… 正直いまいちでした。公認試験後色々出来るようになるけど、気力が続かなかった。

ま、次回作もプレイするけどね。

そんなことより、公認錬金術師のレンさん美人すぎない? 今作一番のお気に入りです。