ビッダーズWebサービス

電脳卸Webサービス(DWS)、アマゾンWebサービス(AWS)ときて、今回はビッダーズWebサービス(BWS)をやってみる事にしました。

まずは、なんかたくさんあるマニュアル類を読み漁ってみる。んーわかりにくい。ビッダーズはユーザIDと、アフィリエイトIDと、暗号化されたアフィリエイトIDと、リンクIDがあるらしい。ややこしいね。

あと、オークションと通常商品がごっちゃに扱われてるようで、出力XMLには必ず終了日とか付いてるし。最初オークション以外扱えないのかと焦ったよ。フラグで絞り込めるみたいだけど。

でも出力XMLはシンプルでいいね。アマゾンみたいに商品によってパラメータが変わったりしないし。とりあえずXMLをパースして配列に突っ込むところまで作成しました。

とっかかりに苦労したけど、すぐに使いこなせそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。