南九州神楽まつり

雨ぱらついてます>挨拶
---

今回、鹿児島の花火大会に行く予定だったのですが、台風のせいで中止になってました。なので予定変更、南九州神楽まつりに行く事にしました。その名の通り、神楽の公演です。会場は霧島神宮近くの体育館です。

まず最初に舞台を清める、との意で巫女さんが舞を行います。巫女さんの舞は素晴らしかったです。そして雅楽、狂言、能が続きます。狂言は初めて見たのですが、面白かったですね。

神楽の合間にプログラムを見ると、なんと浦安の舞が入ってるじゃないですか! これも巫女さんの舞ですよ。こりゃあ楽しみだと、わくわくしつつ待っていると、司会のお姉さん(和服)に「台風のせいで浦安の舞はありません」とか、さらっと流されてしまいました。えー…

くそう、台風の奴め。

南九州神楽まつり」への3件のフィードバック

  1. 神楽歌(宮中御神楽)

    神楽歌とは、広義では神事や神前で奏される歌謡、歌舞を呼称し、狭義では宮中の「御神

  2. kenkenといいます。はじめまして。
    トラックバックのトラックバック、ありがとうございました。関連性はとても薄いのですが、神楽という言葉に向かって、ちゃっかり打たせていただきました(笑)
    また遊びにきます。では・・・。

  3. 初めまして神代クロです。
    こちらこそトラックバックありがとうございます。
    神楽など和なものに興味ありますし、全然問題ないですよ。
    よろしくですー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。