『アプリやろうぜ! by GMO』不採用になったのでこれまでの経緯など

表題の通り。終わったら書こうと思ってたんだよね。

3月上旬
最初にアプリやろうぜ知ったのがこの時期です。ソーシャルアプリ開発に興味があったので、お金は出すしサポートもする、という豪気な企画に参加しようと思いました。

3月18日
とりあえずキックオフカンファレンス申し込んだら当選したので参加。その時の内容は『アプリやろうぜ! by GMO』キックオフカンファレンスに参加するに書いてます。そういえば何故かシールバッジ貰ったなぁ。

3月下旬
エントリー。ちなみに申し込みは、企画持ってるチーム(法人個人)と企画持ってない個人で分かれてて、俺は企画持ってない個人の方で。簡単な職務経歴書を提出しました。

4月下旬
書類審査合格のお知らせ到着。予定より審査が2週間くらい遅れたらしい。合格は個人が100人だけど、申し込みは何人だったんだろ。裏では企画ありチームの審査が行われてて、550件のうち30チームが合格したとか。チームと個人のマッチングのため、詳細な履歴書職務経歴書を提出しました。

5月上旬
いきなりGMOから電話が来る。職務経歴書を見たチームとマッチングしたいから、スケジュールを教えてくれとの事。後から聞いた話だけど、この時チーム側の人達は、職務経歴書の束を持ち帰り不可で渡されて、必死にチェックしたらしいw

5月中旬
この時期、条件が変わってGMOに子会社化を持ちかけられ、参加そのものを辞退する会社が出てきたり、個人でも辞退表明する人達が出てきたりと、不穏な雰囲気に。あとFuture of Appsというアプリやろうぜの競合が現れたり。

5月下旬
マッチング面談。ただ最初渋谷でやるって言ってたけど、Skypeのビデオチャットでの面談に変わりました。カメラ越し面談なんて初めてだよ。ともかくSkypeで数社と面談。その後、実際会っての面談もしました。

で、最終的に不採用になった訳だけど、「社員もしくはフルタイムで入ってもらいたい」と、みんな同じような事を言っておりました。社員前提か…もしかしてこれは就職活動だったのか。まぁ就職活動でないにしても、期間が短いし毎日来れる人の方が良いよなぁ。どうも最初から俺には合わない企画だったっぽいね。

長々とやっておいて、そんなオチでした。

『アプリやろうぜ! by GMO』不採用になったのでこれまでの経緯など」への5件のフィードバック

  1. 同じく個人でエントリーして面談をしましたがNGでした。
    関東住みではないので、凄い不利って感じでしたね。
    私の方も同じく社員の話ばかりでした。
    なんだかナ

  2. 私も右に同じく。一応関東近辺ですが駄目でした。
    書類持ち帰り不可だからか、こちらの詳細も知らないままの
    会社やチームとの面談したり、すでに断られた後なのに
    一次面談合格のメールが届いたり、なーんか運営が
    全体にお粗末でしたね。何を基準にマッチングしたのやら。

    例の10億円のほうも、悪名名高き
    さいばーえーじぇんとだし、振り回されて終わりじゃ
    手を出さない方がいいのかな・・・。

  3. ウチにも断られた後に面談合格のメール来ましたw

    10億円の方どうでしょうね。
    見た感じ内容はほとんど同じっぽいですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。