ノートPCの画面の明るさが勝手に変わるのを止める!

先月買ったVAIOですが、エディタなど黒いウインドウを表示すると画面全体が勝手に暗くなるんですよ。

バッテリーの節約機能っぽいけど、エディタとブラウザを頻繁に切り替えていると見づらくて仕方ない。お節介な機能です。

以前のノートPCには電源オプションに「ディスプレイ暗転時の明るさ」や「自動輝度調整を有効にする」といった設定がありましたが、このノートPCにはない。

電源関連の設定をいじったり、海外サイトにあったレジストリで設定項目を復活させる方法を試したり、VAIOのサポートに問い合わせたりもしました。そんな試行錯誤をして、ようやく解決法を見つけたよ。

スタートボタン > インテル グラフィックス・コマンド・センター > システム > 電源 > バッテリー駆動

パネル・セルフリフレッシュとディスプレイ・パワー・セービングをオフ

これで画面が暗くならなくなった。VAIOの電源設定でもなく、Windowsのコンパネでもなく、インテルのGPU設定だったんだね。わかってしまえば何てことないんだけど、結構苦労しました。

ようやく普通に使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。