みんなのミュシャ展に行く

渋谷Bunkamura 30周年記念で「みんなのミュシャ展」が開催されているので、行ってきました。

7月に前売券購入したのに、来るのがこんな期限ぎりぎりになってしまいました。金曜の19:30くらいで待ち時間なく入れましたが、かなり混んでました。近くでゆっくりは見てられないくらい。ちなみに8割くらいが女性客でした。

画像はトラピスティーヌ酒

漫画調以外にも、油絵や写実的な絵もあって、色々描いてるんだなあと。あとは習作や参考にした写真も展示されてました。こういうのも残るんだね。

ミュシャの影響を受けた人達のイラストも展示されていました。出渕裕氏のディードリット(ロードス島戦記)良いよね。天野喜孝氏の幻想的なイラストも懐かしい感じで良かったです。

画像はルイナールシャンパン

撮影OKなエリアがありましたが、少し離れた所からしか撮れず、人が多いのであんまり撮れませんでした。

売店も気になったけど、やはり混んでたので何も買いませんでした。しかし数十万円する絵とかも売ってたよ…

それにしても繊細な絵が多く素晴らしかったです。特に漫画調でタロット的な絵はホント好きです。

画像はベネディクト。お酒ばっかだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。