ライズ オブ ザ トゥームレイダー クリア(ネタバレ)

ライズ オブ ザ トゥームレイダークリアしました。クリア時間は15時間です。

Steamの70%offセールで買いました。

システム

相変わらず難しい。開始5分で5回死んだ。

後半敵がわらわら出てくるシーンが幾つもあってこんなん無理だろ、って感じで死にまくりました。うまく地形を利用したり、落ちてる爆発物を使ったりで何とかクリアできたけど。ムービー途中に現れるQTEも難しい。初見はだいたい死ぬ。まさに死にゲー。

ただ操作はアクションが多彩なのにやりやすかったな。壁とかサクサク登れるのは良かった。

敵に見つからないようスニーキングで1人ずつ倒していくのが楽しかったです。

太陽系の模型のてっぺんまで登って行く所がなんか凄かった。まあここでもタイミング合わず死にまくったけど。

終盤の街がガンガン破壊されて、敵がガンガン現れてくる所は、息つく暇もないアクション映画のようで良かったです。

ストーリー

ララ・クロフトの亡き父リチャードが調査していた不老不死の秘宝「神秘の源」。世間から爪弾きにされた父の名誉を回復するため、ララも神秘の源を追い求めシリアに向かう。

神秘の源を持つ預言者がシベリアに渡ったことがわかり、その足跡を追うも、秘密結社トリニティに捕まってしまう。そこでリチャードの愛人だったアナが実はトリニティのスパイで、トリニティの幹部コンスタンティンの姉だったことが判明。病気から逃れるため不老不死が欲しいアナから協力を提案されるも、拒否して檻に入れられてしまう。

檻で知り合ったジェイコブと共に脱出。ジェイコブの村では最初は歓迎されてなかったけど、一緒にトリニティと戦うことで信頼関係が生まれる。

大聖堂にて、神秘の源のありかがわかるアトラスを入手。天文台でアトラスを使い、神秘の源のある場所が判明。その時ジェイコブに調査を止めるよう言われたけど「父との絆だから」みたいな感じで諦めない。

直後トリニティに襲撃される。アトラスを奪われ、ついでにララの前作からの友達ジョナも連れ去られてしまう。何とかジョナを救出するも瀕死の状態。そのジョナをジェイコブが触れただけで治してしまう。それでジェイコブが不老不死の預言者その人だとわかる。ジェイコブは不死の軍隊を作り、村と秘宝を守らせていたのだという。まあ不死の軍隊は暴走して言うこと聞かないみたいだけど。

ララはトリニティより先に神秘の源を手に入れるため、氷河の下にある町キーテジに向かう。そこで大量にいる不死の軍隊と戦うけど、不死なのに意外と弱いw まあ大量に出てくるので戦うと辛いけど。

一足先に神秘の源を入手していたアナと対峙。病気で死にたくないアナ、怪我してしまったジェイコブ、そして不死の軍隊に囲まれた状況。ここでララは神秘の源破壊を選ぶ。破壊したおかげで不死の力は無くなり、軍隊全滅。ジェイコブも消滅。アナも先がなくなる。ララは助かったけど失ったもの多すぎだね。

その後アナと2人で出てきたものの、アナはトリニティによって射殺。ララだけ組織に生かされる。アナの言っていた「今後クロフト一族は死なない」という意味深なセリフ。なんとも気になるエンディングです。

まとめ

アクションが難しすぎるところも多々あったけど、楽しかったです。

次回作が完結作だけど、開発会社変わったせいで評価悪いんだよね。どうしようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。