逆転裁判6クリア(ネタバレ)

逆転裁判6クリアしました。クリア時間は28時間ほど。

中古で1500円くらいで買ったものです。今だともっと安いけどね。

内容

第1話は亜内検事が出てきたので、いつも通りのチュートリアルだろう、なんて気軽にはじめたらすっげー長い。クリアに2時間半かかった。しかも弁護士が嫌われてるクライン王国で、全員から罵倒されながらの法廷だし。つらい。

てゆうか全体的に各パートが長いよね。これまでは3日かけて審理を進めてたのが、1日で終わらせるような構成になってるせいか。

姫巫女のレイファ様。最初は罵倒ばっかだったけど、真実を知りしおらしくなっていくのが良い。でも父だと思っていた大臣は殺され、母だと思っていた女王には脅され、世話役のバアヤは行方不明とか、結構悲惨だね。まあ実父のドゥルクは死んじゃったけど無罪、バアヤの正体は実母で生存、ナユタ検事という実兄ができ、そしてレイファ様自身は女王になれたので、ハッピーなエンドかな。

引きこもりのサナギ軍曹。ラジコンヘリコプターでやってきて、偉そうな軍隊口調で何だこいつと思っていたら、正体はロシア人ハーフ12歳のヒルネリアちゃん! やばい可愛すぎか。

双子のバニーガール(新米マジシャン)のミミキキ。肩をコッツンコッツンするのが可愛かった。キキはみぬきちゃんを尊敬してるけどいじわるしちゃうツンデレ具合が良かった。

28歳になった真宵ちゃん。性格はあんまり変わってなくて安心した。でも出番あんまりなかったな。倉院の里で何年も修行したのに、クライン王国でも2年間修行。修行しまくりだ。せっかく条件揃ってたのに、結局始祖を霊媒しなかったね。

反逆の龍リーダーのドゥルクが日本に来る前から死んでた事実にびっくりした。オドロキくんと一緒に洞窟探検とかしてたのは全部真宵ちゃんが霊媒してたのか。祭司がヨガやってる時にも思ったけど、霊媒で完全に肉体が变化しててすごいね。すごいけどちょっと嫌だw

科学捜査官になれた茜さんナユタ検事に気に入られて世界中一緒に行動してるとかラブラブだねw 迷惑そうだったけど。なんか口調がイトノコ刑事っぽかったな。そういえばイトノコ刑事って今どうしてるんだろ。

オドロキくんは波乱の人生だね。赤ん坊の時にミュージシャンの父とクライン王国に来たら放火で父死亡。そのまま革命家ドゥルクの子として育てられる。みぬきちゃんとは異父兄妹だけど知らされていない。日本に養子に出された後弁護士になり、ドゥルクと再会。亡きドゥルクの後を継いで革命を成功させる。その後は王泥喜弁護士事務所を設立して、王国唯一の弁護士として忙しく働くことに。今作での活躍も主人公って感じだったしね。

DLC

もう入手不可能なDLCストーリーあるらしいね。なぜそんなことを… 買える方のDLCはセールの時にでも買うかな。

まとめ

「真宵ちゃんが死ぬ」ってネットで見てビクビクしてたんだけど、死なないじゃん! 騙された。良かった。

しかし初期メンバーはみんなアラサー以上になっちゃったね。今後どうするんだろ。

冗長だったり胸糞だったり冗長だったりしたけど、次回作が出るならやりたいかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください