ゲーム開発38:DXライブラリに差し替える

ここしばらくDXライブラリをいじってました。

DirectX9を使った自作のライブラリで一通り2Dゲームは組めるようになってるんだけど、Wave以外の音楽再生やら画像処理やら、まだまだ足りない機能がたくさんあります。それに将来的に3Dやる事も考えると、基底部分だけでも途方もない作業量になります。

あと互換性の問題が怖い。前に「動きません」とメール来た事があるんだけど、正直俺一人じゃ色んなハードウェアやOSの検証なんて無理だしね。

そんな苦労を取っ払うために、基底部分をDXライブラリに差し替えちゃいました。まぁ80ファイル以上あるソースコードのうち、4ファイルが差し替わっただけなんだけどね。

これでゲーム部分の開発に専念できます。ついでだから全体的な処理も見直してみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。