XMindでマインドマップ

29ffb4f87FreeMind0.8.1からなかなかバージョンアップしないので、リリース候補版の0.9.0RC4を入れてみました。そしたら…重くなってる。正式版なら軽いのかなぁ。

そんな事があって別のマインドマップソフトを調べてみました。そこで見つけたのがXMindです。まず見た目が良い。そして操作はFreeMindに似ている。オープンソースである。という事で導入してみました。

見た目が良いってのは重要だよね。マインドマップには「楽しむ!」っていうルールもあるし。画像はほぼディフォルトの状態だけど、パーツ毎にカスタマイズする事ができます。マップスタイルで一発でデザインが変わるってのも面白いなぁ。

最初、右側にでっかいオプションメニューが出てて、画面が狭いなぁと思ってたら、最小化でちゃんとメニューは隠せました。これなら広い。

マーカー(アイコン)が少ないかなと思ったけど、よく考えたらあんまり使わないから別にいいか。「タスクの進展」というマーカーは、丁度あれば良いなぁと思ってたものでした。

作業ファイルのあるフォルダにworkspaceフォルダが勝手に作られるのはちょっと迷惑かな。なんでフォルダ単位で作るんだろう。

そういえばWindowsXPではxmind.iniから-vmargsと-Xms128mと-Xmx512mを削除しないと起動しないようです。エラーが出た。

多少不満はあるものの、FreeMindで作った図をインポートできたし、もうこのまま乗り換えてしまおうか。

XMindでマインドマップ」への6件のフィードバック

  1. takeyonといいます。

    私もxmind使ってみて、workspaceフォルダが邪魔だなと思っていました。
    もう解決してるかも知れませんが、インストールフォルダ(私の環境の場合、C:Program FilesXMindconfiguration)にある、config.iniを開いて、
    以下の2行を追加して、

    osgi.instance.area=file:
    osgi.logfile=file:

    一つ目のfileにworkspaceフォルダのフルパスを指定し、2行目もworkspaseフォルダのフルパス+「.metadata/.log」とすれば、フォルダを固定できますよ。

    具体的にはこんな感じ、Dドライブの下にxmindフォルダを作成した場合。
    osgi.instance.area=file:/D:/Xmind/workspace/
    osgi.logfile=file:/D:/Xmind/workspace/.metadata/.log

  2. 情報ありがとうございます。
    問題を放置したままにしてたので、助かります。

    こちらではプログラムフォルダ直下に置いてみました。
    C:/Program Files/XMind/workspace/

  3. 問題解決したようでしたらよかったです。

    workspaceフォルダの件が解決すれば、xmindは使いやすくて、いいソフトですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。