ゴッド・オブ・ウォー クリア(ネタバレ)

ゴッド・オブ・ウォー(2018) クリアしました。クリア時間は33時間です。

PS5の「PS Plus コレクション」にて貰ったものです。

ゴッド・オブ・ウォーシリーズでクリアしたのは今作が初めてです。実は初代をプレイした事あるけど、難しすぎてクリア断念してた(汗)

システム

PS4のゲームだけど、PS5&4Kテレビでプレイしたので、グラフィックの綺麗さに圧倒されました。HDRで陰影も綺麗だし。ただスクリーンショットではHDR無効になるみたいで、PCで見ると並画質に。それでも綺麗だけどね。

初戦のバルドルとの戦いが地形が変わるほどの超バトルだったので期待したんだけど、普段のバトルは地味でちょっとガッカリ。盛り上がったのはその初戦と、あとはドラゴン戦と2回目のバルドル戦(ラスボス)くらいか。

難易度は最初の方の雑魚で苦戦したので、Easyで進めました。

キャラの動きが生き生きしていて良いね。特にアトレウスはリアルな子供そのものだ。セリフも場面場面で適切なことを喋っていて素晴らしい。

フィールドが池の周りだけで狭いなあと思ったんだけど、行ける場所が多いしサブイベントも楽しくて、あちこち探索してました。

斧が便利だね。投げても戻ってくるし、滑車とかに投げつけて凍らせることでパズル要素として使えたり。しかしパズルも難しかったな。宝箱1つ開けるのにもえらい苦労した。

捕まっていたドラゴン、4体中2体しか見つけられなかったな。

ヴァルキュリアも1体しか開放してないし、そのうち助けよう。

ストーリー

クレイトスは妻フェイの遺言に従い、遺灰を世界一高い山に撒くことにする。旅支度をしていると、急に不死者バルドルがやってきてバトル開始。何とか撃退したものの、息子のアトレウス1人残すと危険なので一緒に行くことに。

ミズガルズにある山の頂上を目指すもオーディンによって進めなくなっていたので、魔女の言に従いアルフヘイムへ。

アルフヘイムは光のエルフと闇のエルフが戦っている世界です。さすがエルフの世界。美しいね。

アルフヘイムの光を宿した弓を使い、ミズガルズの山に入る。ドラゴンとのバトルに勝利し、山頂に着くと知の巨人ミーミルが捕まっていた。解放するため望み通り首を切り落とし、後で魔女に生き返らせてもらう。以降首は便利な解説役にw 魔女が女神フレイヤだということも判明。

ミーミルによると世界一高い山は巨人の国ヨトゥンヘイムにあるとの事。行き方を世界蛇ヨルムンガンドに聞き、まずは巨人サムールの亡骸から魔法のノミを入手。しかし亡骸でかいな…

次にテュールの宝物庫へ行くも、アトレウスが病気で倒れてしまったので、また魔女に頼る。治すためには死者の国ヘルヘイムにいる、断罪の橋の番人の心臓を手に入れる必要がある。

心臓から薬を作ってもらい治療。ただ病気の原因は自分が何者なのか不安になったアトレウスの心だと言われたので、クレイトスは自分たちは神だと明かす。自分が神だと知ったアトレウスは急にイキり出したけど(汗) ともかく改めて宝物庫へ。ここでヨトゥンヘイムへ行くためのルーン文字ゲット。いよいよヨトゥンヘイムへ行こうとした時にバルドル登場。

たまたま持ってたヤドリギがバルドルの不死性を失わせ、倒すことが出来るようになる。しかしバルドルの母、フレイヤに殺さないように懇願される。バルドルが不死なのはフレイヤが望んだからだった。戦いを止めさせるために、フレイヤはサムールの亡骸を操って介入してくる。パワフルだね。

しかしバルドルは痛みを感じない不死の体にしたフレイヤを憎んでいた。バルドルはフレイヤを殺そうとしたため、結果クレイトスによって殺されてしまう。助けてもらったのにフレイヤはクレイトスを恨み去っていく。

今度こそヨトゥンヘイムへ。かつてトールが暴れたせいで巨人族は数を減らしたとのことでしたが、既に絶滅してました。

フェイは実は巨人族で、しかもアトレウスの旅を予言で知り書き残していた。だからヨトゥンヘイムに行ってほしかったんだね。ともかく親子で遺灰を撒いて終了。

最初の頃はクレイトスが頑固親父って感じでアトレウスともうまく行ってなかったけど、旅を通じてお互いを知り、普通に会話出来るくらい仲良くなれてよかったです。

戻ってくると、ミズガルズは長い冬になっていた。これは終末の日ラグナロクの前触れだという。そしてアトレウスは数年後にトールがやってくる夢を見る。アトレウスの名前案がロキだった事を考えると、波乱の予感です。

この旅全体が、巨人の叡智を盗みたいオーディンの策略だった可能性があり、当のオーディンは今作に登場しなかったため、今後の展開が気になりますね。

まとめ

最近は古いゲームばかりやっていたので、景色の美しさや作り込みに感動しました。ただゲームとしては地味だったな。

ちょっと北欧神話勉強してくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。