実写版 逆転裁判をAmazonインスタント・ビデオで見た(ネタバレ)

gyakuten実写版の逆転裁判をAmazonインスタント・ビデオで見ました。

ちょうどクーポンが400円分あったんだよね。だから32円で視聴できたよ。

ロボコップとどっちを見ようか迷ったけど、ロボコップはそのうち地上波でやりそうだしね。

内容はゲームの1作目をなぞっています。ゲームは何度もクリアして知ってるので、色々な小ネタがあって面白い。たとえばナルホドくんがやるはずの裁判を別の弁護士が御剣検事とやってたり、狩魔豪が肩を触ってたりとか。

ただ、全体的に映像が暗い! 殺人事件の裁判ではあるけど、ゲームでは明るい感じなのにね。そのせいでたまにあるギャグが滑ってるし、傍聴席にいるコスプレ? とか違和感あった。あと真宵ちゃんがあんまり可愛くなかった……

DL6号事件のシチュエーションが変わってたね。ゲームでは地震でエレベーターに閉じ込められて酸素がなくなるという、よく考えれば謎な状況でした。映画では御剣弁護士が狩魔の不正な証拠を暴こうと保管室に来た際に、灰根係官に見つかって揉み合いになった事になっています。こっちの方が狩魔と御剣の立場がより明確になるね。

サユリさん関係が膨らませてあったのは良かった。というか泣けた。

そういえば小中の設定がコナカルチャー社長ではなく雑誌記者に変更になった上に、牢獄でひっそり殺されてたねw いちばん可哀想なキャラだったかも。

そして矢張の存在感。ゲームシリーズに負けないくらいのお調子者っぷりが素晴らしかった。

個人的にはもっと明るい雰囲気が良かったなぁと思うけど、まあ面白かったです。

逆転裁判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。