電脳卸ウェブサービス(DWS)をつかってみる

この休日は電脳卸ウェブサービス(DWS)をいじってました。まぁ、どちらかというとXMLの解析に時間かかってたんだけど…。PHPにはディフォルトでXMLパーサ関数群があるので、簡単にできるのかと思ってたんだけど、意外に苦労しましたよ。

いちどに1行ずつ解析するので、複数行に渡るデータは素のままでは取得できない。なぜか記号があると正しく解析できないので、一旦別のものに変換しなければならない。等々。

まぁお陰で、多少なりともXMLに詳しくなったので良し。肝心のDWSですが、商品情報の詳細って、「お店からのコメント」しか取れないのね。ここは未入力にしてるお店さんも多いんで、対した情報が取れないなぁ。

あと思ったように検索結果が出せない。例えば「メイド」というキーワードでメイドさんだけを引っ張ってきたいのに、「オーダーメイド」「ハンドメイド」も一緒に連れてきてしまう。これ自体はDWSに限らないと思うけど、せめてカテゴリとかで絞り込めれば。でも手軽に数万点もの商品を扱えるってのはいいね。

一通りいじったと思うので、これにて終了。次はいよいよAmazon Webサービス(AWS)をやってみますか。チュートリアルを見ると、カテゴリで絞り込む検索はもちろん、「この本を買った人はこんな本も買っています」等も取得できるし、さらにはショッピングカートまで触れてしまう。

楽しみです。

電脳卸ウェブサービス(DWS)をつかってみる」への1件のフィードバック

  1. 使えるのに使わない電脳卸

    アフィリエイトをはじめた時に、いろいろなサイトで、まず電脳卸を勧められたはずですよね?アフィリエイターになるには、なぜか、、、「1番最初に登録するべき所」という事になっています(笑でも、はじめに登録して数ヶ月、、、ログインすらしていない人が大多数ですなぜか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。