「アニメコンテンツのビジネス戦略」セミナー参加

今日はアニメコンテンツのビジネス戦略~プロデューサーの役割~というセミナーに参加してきました。テレビ東京のアニメ事業部の人がアニメ業界のトレンドについて語ってくれました。

週に80本以上放映しているアニメは、今後の地上波デジタル方法やインターネット放送によって、既存の枠組みから変わっていくし、また親和性も高いとの事でした。興味深かったのは、「アニメは世界で認められるけど、実写ドラマは認められない」との話。確かに日本ドラマは海外では受けないだろうなぁ。それにアニメでは例えばポケモンは海外で放映する時、その国にあった風に描き換えも行っているとか。そういった地道な作業もアニメが海外受けする理由なんでしょうね。

セミナーの後は懇親会です。立席で料理やビールが出たので、しばし飲み食い。その後は名刺交換して回りました。いくつかビジネスに繋がりそうな話もあったし、なかなか有意義でしたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。