アマゾンのProduct Advertising APIに対応させる

Amazon Webサービスだと思ってたのがAmazonアソシエイトWebサービスになっていて、そしてProduct Advertising APIに変わりました。

今回は名前が変わっただけではなく、APIを呼ぶのに署名認証が必要になります。実は3ヶ月前から知ってたけど放置してたw 8/15という変更期限ぎりぎりになったので、対応してみることにしました。

まぁ自力で何とかする訳じゃなくて、Services_AmazonというPEARパッケージを利用するんだけどね。

Services_Amazonの最新バージョンをサーバに入れて、クラス生成時に引数にSecret Access Keyを仕込みます。これで署名認証が通ったみたいです。

ただ商品詳細が取れないので調べてたらServices_Amazon::ItemLookupで返ってくる配列が微妙に違ってただけでした。ちょっと修正して完了。

そんなに大変じゃなくて良かったです。このパッケージはPHP5用だったので、去年のうちに新サーバに移っておいて良かった。

今回はインターフェースだけの修正でしたが、そのうちサイトのシステム自体も作り直さないとなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。