アサシンクリードI+IIウェルカムパッククリア(ネタバレ)

assassin1-2アサシン クリード I+II ウェルカムパックという詰め合わせソフトをクリアしました。

クリア時間は1が15~20時間くらい、2が30~40時間くらいです。もっとかかってるかも。

舞台は現代。うっかり拉致されたデズモンド君がアニムスという機械でDNAの記憶を吸いだされるというお話です。で、その記憶を追体験していく事でストーリーが進んでいきます。

アサシンクリード1

12世紀末、十字軍時代のエルサレム。アサシン教団アルタイルが主人公です。優秀だけど慢心から仲間を失ってしまい、下っ端からやり直していきます。

プレイして驚いたのはマップが滅茶苦茶広い! 景色は石造りの粗末な建物ばかりだけど、ゲームでこんなに広い街の中を走り回るのは初めてですよ。結構簡単に壁によじ登れるので、屋根を伝って行くのも楽しい。

ただ広い割にやることは単調だね。新しい街に入ったら高い所に上ってマップを作成。街中で敵の噂調査。それで証拠が集まったら暗殺です。

敵は9人のテンプル騎士団です。倒すとアルタイルの腕の中で遺言残して死んじゃうんだけど、何だろうあの2人の世界はw

そしてラスボスは途中から何となくわかっていたアサシン教団長。味方のトップが実は、ってやつだね。倒して宝の地図が表示されたら、現実世界に戻ってきて終わりです。ここで終わり?! ってびっくりしたよ。続編前提とはいえ尻切れトンボすぎる……

アサシンクリード2

デズモンド君が捕まっていた所はアサシンの敵、テンプル騎士団の施設です。そこからルーシーの手引で脱出できました。まあ場所は変わっても、またアニムスでダイブするんだけどね。

15世紀、ルネッサンス期のフィレンツェ。貴族の次男エツィオが主人公です。最初はケンカしたりおつかいしたりで何だこりゃって思ったけど、父と兄弟が冤罪で殺された事でアサシンになります。実際はテンプル騎士団によって秘宝を手に入れるために殺されたんだけどね。

ルネッサンスなだけあってだいぶ街並みがカラフルになってます。そして相変わらずだだっ広い。お宝やらイベントやらが地図上に大量にあって、全部こなしてたらあと何十時間かかることやら。アサシンの墓所などはシビアなアクションと時間制限がキツくて全部はクリア出来なかったよ。

実在の建物があったり、史実通りのイベントがあったり、レオナルド・ダ・ヴィンチみたいに歴史上の人物も出てきたりで、なかなか興味深いです。ただこの時代の事は全然知らないので、そのうち調べてみようかな。どこまでが事実なのかわかってないしw

2はアクションが増えてるから戦闘や移動がより面白くなってるね。敵に見つかったらやり直しなイベントもあるので、考えながら進める必要があったり。

ラストのヴァチカンの地下にいた神らしき者は何者だったんだろうか。あとエツィオが預言者ってのはDNAの記憶をデズモンド君が見ることで預言を達成してるんだね。面白い。

2のラストも隠れ家からの脱出で終わりという尻切れトンボだったけど、もうそういうものだと理解したよw

そういえばシークエンス12と13がDLCだったらしいんだけど、知らずにクリアしてたよ。確かに急にお城を攻めたり、洗脳された人達を暗殺しに行ったりと、考えてみれば外伝っぽかったね。

まとめ

確かにゲームシステムは単調だったし、そのくせ2は20年もの時間の流れがあるから人多すぎてよくわかんない状態だったけど、街並みの綺麗さや色んな暗殺パターンがあって面白かったです。

続編が幾つか出ていて俺も既に何本か買ってあるけど、しばらくは別のゲームをプレイしようかな。かなり長時間プレイしてたからね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。